経営が危ないその時|過払い金請求をする|払い過ぎたお金を取り戻す方法

過払い金請求をする|払い過ぎたお金を取り戻す方法

経営が危ないその時

男女

会社を経営していく中で、危機的な状況に陥ってしまうことがあります。いくら頑張っていたとしても、自社の努力だけでは避けがたい危機もありますので、場合によっては会社破産という結末を迎えてしまうことになります。しかし、会社破産が発生すると、その被害の影響が多方面に及びます。経営者や出資者がダメージを受けるのはもちろんのこと、収入の道を絶たれてしまう従業員が受けるダメージは計り知れないほど大きなものです。また、連鎖倒産もありえますから、多くの人が会社破産による被害を受けることになります。しかし、経営状態に黄色信号が点った段階で弁護士に相談すれば、会社破産を回避できる可能性があります。経験豊富な弁護士であれば、すぐさま任意整理に取り掛かってくれますので、最悪の結末を避けることができます。

会社が破産すると、会社としての経済活動が一切できなくなります。破産後にも経営者や従業員が自由に取引活動を行えるようになっていたのでは、会社財産が散逸してしまいます。そんなことになってしまっては、破産した会社の債権者が債権を回収することができなくなります。そのため、裁判所に専任された弁護士が破産管財人として乗り込み、その後の破産手続き一切を取り仕切ることになるのが普通です。しかし、そのような状態に陥ってしまう前に弁護士に相談して、破産以外の道を探る努力をしてみる方が建設的です。一番手っ取り早く行えるのは任意整理ですが、民事再生の手続きを取るという方法もあります。民事再生手続きを取った場合、従前の経営者はその経営権を失うことになりますが、従業員や取引先を守ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加