働き方を考える|過払い金請求をする|払い過ぎたお金を取り戻す方法

過払い金請求をする|払い過ぎたお金を取り戻す方法

働き方を考える

女の人

税理士を目指す方が注意するべき点があります。それは合格後の働き方です。税理士の仕事形態は近年多様化してきています。従来の独占業務となる「税務業務」や昔からの業務である「会計業務」は変わらず行われています。ここに最近では「コンサルティング業務」、「企業に勤めて企業内で会計士として勤めるスタイル」などが広まってきています。特に企業内で独占業務を行う職種として「企業内税理士」、「企業内会計士」が増えてきています。これらは税理士事務所や会計士事務所に独占業務として外注していた仕事を自社で行うことによりコストダウンをすることができるからです。税理士を目指す方は税理士の勉強をするとともに自分に合った働き方を考えることが大切です。

先ほどお伝えした近年多様化している働き方ですが、特に急増しているものが「企業内税理士」です。企業はもともと「営業に特化した創業者」、「開発、製造に特化した創業者」が設立している場合が多いです。そのため得意分野で業績を上げても、社内の「財務経理力」が追い付いていない場合が多々あります。もちろん最初から本格的な部分は、アウトソーシングと決めている企業もありますが、それでも外注である限り高額なコストがかかり、経営を圧迫します。そして何よりトラブル時などの対処スピードに時間がかかります。税理士や会計士はいわば「企業のドクター」です。そのため企業内にドクターを置く「企業内ドクター(企業内税理士)」という働き方が急増しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加